アクセサリー

アクセサリー · 24日 9月 2018
スマホのハイレンジモデルは、黒の発色表示の綺麗な事に加え、省エネで薄型化に出来る有機ELはLEDから移行が加速化し、 XPERIAや AQUOSも次期モデルから切り替わる様です。 今月21日から引き渡しのiPhoneは、Xに続きOELD(有機EL)を採用し、XsとXsMAXの2機種がリリースとなりました。特にXsMaxは、8PLUSと大きさはほぼ変わらないサイズ感で6.5inchへのワイドとなり、非常に魅力的なモデルです。 さて、有機ELモデルはやはり販売価格は高く、修理費用も高価です。Apple Careに加入していても、費用や労力にデータの管理を考えると壊さないように使うがベストです。 カバーガレージ恵比寿で取り扱う【CASE-MATE】のiPhoneケースは、10FOOT DROP DROP TESTEDクリアにMILスペック適合の本物の保護CASEです。デザインも優れシンプルなものからラグジュアリまで揃っています。 大切なスマホをシッカリ守り、快適に使う事に寄与します。是非一度、見て触って着けてみて下さい。